モビング(集団的職場での労働者虐待)とは

スウェーデンの科学者レイマンの定義によるとモビング(日本語では労働者への集団虐待というのが解りやすいのではないでしょうか)以下のように紹介されています

http://www.leymann.se/English/12100E.HTM

Psychological terror or mobbing in working life involves hostile and unethical communication
which is directed in a systematic manner by one or more individuals, mainly toward one individual,
who, due to mobbing, is pushed into a helpless and defenseless position and held there by means of
continuing mobbing activities. These actions occur on a very frequent basis (statistical definition:
at least once a week) and over a long period of time (statistical definition: at least six months´
duration). Because of the high frequency and long duration of hostile behavior, this maltreatment
results in considerable mental, psychosomatic and social misery.

職場で心理的な恐怖を特定の労働者に長期間に渡って組織的に集団で与えて、結果その被害者と
なった労働者はPTSDなどの障害を負ってしまうというものです

諸外国ではモビングは犯罪(懲役刑が科される)とされており、ILO(国際労働機関)やWHO(国連国際保健
機関)でもモビングについて職場で対策を講じなければならないとされています

被害者はこの被害によって仕事上のキャリアが破壊され、社会的な環境が破壊され、経済的な問題が破壊
されるのみならず、自殺や自殺未遂を行うなどの悲惨な状況においこまれたりします

英語圏ではworkplace bullyingという用語で紹介されている場合もあります

すでに一部報道では紹介されていますが 現在審理が進んでいる 新銀行東京への自殺未遂損害賠償請求
裁判ではモビングの被害にあったことを指摘しています